« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月18日 (木)

buanobi ワークショップ 8月10日開催

毎度、お馴染みのbuanobiのワークショップの開催が決まりましたのでご案内させていただきます。


今回の作品はこれまでに開催したワークショップの中で最も小さい(?)

『ビーズ&スパングル刺しゅうブローチ』です。

 

かわいいアクセサリーをチクチクチクチク、もくもくと作りましょう。

がんばって完成させたら、まやんちのスコーンとピーチメルバをご褒美として召し上がってください!💓


20190810buanobiws

開催は8月10日(土)午前の部、午後の部、2部制となります。

お申込開始は7月20日(土)21時~です。

詳細はこちらをクリックして、buanobiのブログをご覧ください。

 

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

今さら聞けない『ピーチメルバ』とは?

前回のピーチメルバについての投稿をお読みいただいた方へ

なんだかお客様の不安をあおってしまったのでしょうか。

「もう予約なんて取れないですよね?」なんて申し訳なさそうにお問合せくださるお客様が多いので、

あ、これは私の書いたブログのせいだ!と猛省し、投稿内容を修正しました。

 

 

ピーチメルバの期間はアフタヌーンティーの提供を休ませていただきますので、お席のご予約は余裕でお取りできます。

ぜひお問合せください。

電話03-6276-1667です。




 


今さら聞けない『ピーチメルバ』とは?

 

ピーチメルバを考案した人は、

フランス料理界では有名な『オーギュスト・エスコフィエ』。

1846-1935

近代フランス料理界の父と言われ、

フランス料理にコースを導入した人としても知られています。
20130712eskofie


ソプラノ歌手『ネリー・メルバ』がワグナーの歌劇「ローエングリン」のロンドン公演で大成功をおさめ、それを讃えてエスコフィエが考案したのがピーチメルバなのです。

ということで、メルバとは歌手のお名前です。

 

当時、エスコフィエはロンドン・サヴォイホテルの料理長でした。歌劇の名場面「白鳥にひかれて小舟で渡ってくる騎士・アリアに捧げる場面」をデザート菓子で表現しました。なんと、氷で白鳥を作って、その翼の上に桃・バニラアイス・フランボワーズを乗せたそうです。そんな歴史のあるデザートが『ピーチメルバ』です。

暑い夏にひんやりとしたデザートをぜひご堪能ください。

 

 

 

 

|

2019年7月 2日 (火)

7/11(木)~『ピーチメルバ』の提供が始まります

Img_0437

’まやんちの夏’といえば『ピーチメルバ』

いよいよ提供が始まります。

提供期間は7/11~8/30の予定です。

(8/15・16は夏休みをいただきます)




 

Img_0439

ピーチメルバ 1100円 (税抜き価格)

桃のコンポートにバニラビーンズたっぷりのアイスクリーム、フランボワーズのソースの酸味が合わさった最強の組み合わせは歴史に残るデザートとして愛されています。

 

桃のコンポート、バニラアイスクリームも自家製です。冷蔵庫の容量の限界まで、仕込み時間の制限まで準備する予定です。期間限定のピーチメルバをぜひご賞味ください。

 

通常、お茶とお菓子をお召上がりのお客様は90分間のご利用とさせていただいておりますが、ピーチメルバの期間は混雑状況によっては60分を経過したらご協力をお願いすることがあるかもしれません。ピーチメルバを求めて多くのお客様がいらっしゃる時期ですので、ご協力をお願いします。





【お席のご予約について】通常と同じです。

●1名・2名様 →開店時のみ予約可能です。

(予約時間 11:30・11:45・12:00)

 以降の時間帯は予約は受けておりませんので、ご来店順にご案内をさせていただきます。

 

●3名~6名様のグループ →終日 予約可能です。予約なしでご来店いただきますとグループ用のテーブルが空くまでお待ちいただくか、もしくは、ご案内出来ない可能性があります。



 

【お席が取れなくてもキープは承ります】

お席が取れなくても、召し上がる物をキープ(お取置き)しておきます。お席にはご来店順でのご案内となりますので、どれぐらいお待たせするかは状況次第となります事をご了承ください。

キープは状況次第でお受けしております。必ずお受けできるとは限りませんので、ご理解いただけますと幸いです。

と申しますのは、桃は提供直前にカットして盛り付けます。カットしてみないと、使える桃か使えない桃かわからないので、在庫している個数が必ず提供できるとは限りません。実際には読めないので、キープをお受けする数に安全ラインを設けております。

ですので、特にご来店(ご到着)が17時を過ぎるお客様のキープはお受けできない事が多いです。 在庫している桃が出せるか出せないかの瀬戸際の状況で、キープを受けてしまったお客様に約束通り提供できないかもしれないという不安を抱えつつ、 店としては桃がある限り完売したいという願いがあります。この状況を適切にコントロールすることができないからです。また、17時代後半のご到着のお客様については、ラストオーダーまでにお席にご案内できない可能性もありますので、キープは原則お受けしておりません。ご理解いただけますと幸いです。

 

ただし、金曜の閉店時間(ラストオーダー)ついては、ピーチメルバが残っていれば、18時を過ぎても売り切れるまでお席にご案内する予定です。その場合は閉店時間も延長します。

お仕事の帰りにご来店いただくお客様にも対応したいと思っております。

 

感覚的な話ですが、昨年の夏は24席ありました。改装したので今年は16席です。今年の桃の仕込み量は昨年の90%程度にする予定です。席は2/3(さんぶんのに)になりましたが、仕込み数は若干少なくなる程度ですので、金曜の夜に「まだある!」という状況を作れるのではないか、と思っております。

 

こんなに事こまかに書くつもりはなかったのですが、このような内容の説明をお電話でのお問合せに何度も何度も話すことになるので、時間の節約をしようと考えて書かせていただきました。メンドクサイ店だと思わないでくださいね。

 

 

 

 

ご予約、キープなどのお問合せは

電話 03-6276-1667 でお願いします。

(メールやSNS経由でのご連絡は予約端末への転記入力ミス多発、返信遅延のため、ご遠慮いただきますようお願いします)

お電話には極力お応えするつもりですが、営業中に手が離せないときは出れませんのでご了承ください。

ティールームの営業は木金ですが、月~水も教室や仕込みで在店しております。教室中や外出中は出れませんが、なるべく応答しておりますので、営業日以外でもお電話をお待ちしております。

 

 

 

 

 

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »