2019年11月 3日 (日)

2019クリスマスケーキの予約販売について

2019_20191104091201

 

秋が深まるにつれて、お問い合わせが増えてきました。

毎年恒例の『キャラメルのブッシュドノエル』

クリスマスケーキ予約販売のご案内です。

 

『年に一度、これを食べないと年が越せない』

『このケーキは我が家のクリスマスの定番』

『こんなに美味しいクリスマスケーキがあるなんて!』

などなど、毎年作っているからこそ、の感想をいただいているケーキです。

前日に生地を焼いて、当日に仕上げる、出来立てのクリスマスケーキの美味しさを体験してみませんか?

 

 

今年はクリスマスウィークのカレンダーを見ても、みなさんがどのようにお過ごしになるのか、イメージするのが難しかったのですが、

休日に召し上がるバターン、やっぱり24日イブでしょ!のパターン、この2パターンかな~と想定して製造日を確定しました。

今年は製造日に間隔を空けましたので、多少はカラダを労わりつつも、充分な製造量を見込んでおります。

 

11月15日(金)19時~ お電話での受付を開始します。

21時まで、電話の前でお待ちしております。

ご希望がございましたら、ぜひ、お早目のご予約をよろしくお願いします。

 

【完売御礼】

規定数に達しましたので、受付を終了いたしました。

12/26(木)と27(金)は店内で召し上がっていただるよう、

クリスマスケーキをカットしたものを提供いたします。

両日ともアフタヌーンティーにもクリスマスケーキを盛る予定です。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

『ルバーブのパイ』好評提供中です!

紅茶の美味しい季節になりました。

紅茶に合うお菓子はいろいろとありますが、この季節の一押しのお菓子は

『ルバーブのパイ』です。

20191029rubarb

紅茶がススムススム! 

ストレートでもミルクでも「何でも来い!」っていう感じです。


まやんちの『ルバーブのパイ』を召し上がったことはありますか?

いや、『ルバーブ』そのものをご存知ではない方も多いのではありませんか?

 


『ルバーブ』は『タデ科』の植物です。

’蓼食う虫も好き好き’という言葉がありますが、その’タデ’です。

正直言いますと、ルバーブはナマで食べると、顔がしかめっ面になるくらい個性的(マズイ)です。

しかし!

砂糖と合わせて加熱調理すると、豹変するからビックリします。

欧州ではポピュラーなルバーブですが、日本ではなかなか知られておらず、

まやんちにご来店いただくお客様からも「ルバーブってどんな味ですか?」って

ご質問いただきます。

たまに道の駅などの産直野菜コーナーで販売されているのを見かけたりしますが、

まやんちで使っているルバーブのように赤くはなく、緑のものが多いです。

真っ赤なルバーブは見た目にも(緑にくらべると)美味しそうに見えます。


↑届いた状態は、このように、蕗(フキ)みたいな形状です。

 



味の特徴を一言でお伝えするならば、

『酸っぱい』です。

その酸っぱさは、お酢でもなく梅でもなく、独特の滋味を持ち合わせた酸味です。

一度ハマると、虜になる、癖になる酸味です。



実際に私もよそでルバーブをいただく機会もありますが、

そのたびに、まやんちのルバーブは格別だな~と感じます。

それは栽培にかける情熱の違いかと思います。

まやんちが仕入れているルバーブは朝晩の寒暖の差が大きい群馬の嬬恋から届きます。

その気候条件がハッキリとした気概のある味を産み出します。

もちろん無農薬です。

虫がつけば手作業で除去するという手のかけ方は、情熱そのものです。

大切に育てていらっしゃるので、大量出荷をしているわけではなく、

まやんちがルバーブを大切に扱っているからこそ、届けてくださっております。

酸味だけではなく畑から吸い上げた滋味に加えて、ほのかに感じるスパイシーな奥深い味わいがパイ生地ともアイスクリームともよく合います。

 

 

言うまでもありませんが、パイ生地もバニラアイスクリームも自家製です。

パイ生地は国産小麦と発酵バターを使い、アイスにはバニラビーンズ(間違えたか?っていうくらい)がいっぱい入っています。

 

 

いつも大げさだと言われますが、一皿で一つの宇宙を形成している美味しさです。

まだ、召し上がったことのない方は、騙されたと思って、ぜひご賞味ください。

日々の製造量は決まっておりますので、確実に召し上がるには、キープ(お取り置き)していただいた方が安心です。

Rubarb

ルバーブのパイ 950円 (税込1,045円)

 

 

お席のご予約、キープをご希望の方はお電話をお待ちしております。

電話 03-6276-1667



ご予約についての詳細はこちらをお読みいただけるとお電話でスムーズにお話ができます。

(※ご予約やキープはお電話のみでお受けしております。EmailやSNSメッセージは転記漏れ転記ミスが多発しておりますので、ご遠慮ください)

 

 

|

ジュンチャバリ茶園お茶会<開催リポート>

ネパール『ジュンチャバリ茶園』のオーナー、Lochan Gyawaliさん来日にあたり、まやんちでお茶会を開催していただきました。

お茶好き、紅茶好きの方でしたら、知らない人はいない銘茶園のオーナーを囲んでのお茶会となれば、参加希望者が殺到しそうでしたので、今回はお菓子教室の現会員に向けてお誘いの一斉メールを送り、参加者を募りました。案の定、メール送信直後から続々と申し込みがあり、即座に満席となり、残念ながら参加を断念していただいた方も多くいらっしゃりました。ですので、どんな様子だったか聞きたい!というご要望も多くありましたので、このブログにて報告させていただきます。

 

金曜の夕方、お茶会の開催前にLochanさんにご来店いただきまして、まずは、腹ごしらえにアフタヌーンティーを楽しんでいただきました。

30b735365de14b679b68b376fc848c57

褒め上手のLochanさんには褒め殺しに遭いました。お茶もお菓子も最高!って、何度も褒めてくれました。

 

 

ティールームの営業を終えてから、参加者のみなさんにはお茶会開催5分前に入ってくれるようお願いをしており、くじ引きで席を決めさせていただきました。収容人数の限界まで席を設けることにして、ギュウ詰めに配置しましたので、くじで公平を装いました。(すみません)

 

 

はじめまして!「ナマステ~~~」

Lochanさんが参加者一人一人に カダ(ステキな布)を首からかけて迎えてくれました。

15ecc6a819994481bb3598de27935dc0

出会いを心から歓迎してくれていることが伝わってくる、本当に嬉しい瞬間です。人数分の布をネパールから持ってきてくれたなんて、泣けてきます。

 

まずは、Lochanさんによるジュンチャバリ茶園のご紹介のスライド上映から。ジュンチャバリ茶園創業からの沿革、茶園の哲学、製茶についてのいろいろ、40分かけてのプレゼンテーションでした。参加者の中には英語がわかるか心配されてた方も多かったのですが、Lochanさんの分かりやすい資料作成と話術で「よくわかった~」「おもしろかった~」と後々に感想が届きました。

6edf896a448144cf8a2459f967a5b37d

 

続いて、私が2年前にジュンチャバリ茶園を訪れたときの写真をご覧いただきました。こういう機会が来るならば、もっと真剣に撮影すべきだったと後悔はあるものの、揉捻機の作動している動画、ジュンチャバリならではの手作業でのソーティング動画、様々な製茶マシンの写真だったり、ジュンチャバリでいただいたお食事、ティスティングの様子、茶畑の様子など、私ならではの着眼点で撮った写真にはLochanさんの更なる解説も加わって、盛り上がりました。

Unnamed-1

 

 

 

スライドを上映しながら、お茶を飲んでいただきました。

 Unnamed-2

まやんちのティーコレクションの中から、

ジュンチャバリの収穫時期の違いを分かりやすく比較してお伝えできる紅茶、半発酵茶を次々にお出ししました。

春茶 Himalayan spring

夏茶 Himalayan Royale Handcrafted Tips

夏秋茶 Himalayan Black

秋茶 Himalayan Orange

冬茶 Himalayan Royale Handcrafted Tips

半発酵茶 Himalayan Bouquet

台湾・蜜香紅茶を思わせる Himalayan Black

 

 

もちろん、お菓子もいろいろ。

(私は写真を撮り忘れたので、参加者からお送りいただいた写真ばかりです)

ハロウィーンが近いので、かぼちゃシューに変顔を書いて遊んでみました。

2019_1025_19321000-1

2019_1025_19353100 2019_1025_19414000 2019_1025_20222600-1

 

皆さんにとって最も印象的だったのは、Lochanさんが『passion
』という単語を強調して使われていたことへの感動&共感でした。やはりネパールでも人件費の高騰による製茶コストが莫大になっている問題、気候変動、地球温暖化による様々な課題や対策についてのお話。それでも、『passion』がダイジなんだ!という熱い話は参加者の胸を打ちました。

 

「もともと大好きな茶園だったけど、参加したらもっと好きになった」「ジュンチャバリに行きたくなった」「一杯一杯、一滴一滴をもっと味わって飲もう」「もっとお茶を買って応援したい」「Lochanさんお茶目、ステキ」などなど、皆さんにとっては思い出になるお茶会となりました。

皆さんがお帰りになったあとで、スタッフとともにお茶会(二次会)をして、ここ蒲田でお茶会を開けたことの喜びをしみじみと語りありました。

Lochanさんは夫の髪型をモジャモジャと表現した私に習って「モジャモジャ」を覚えてしまいました。そして、まやんちの空間をとっても気にいてくださったようで、木や漆喰などの自然素材について随分と熱心に耳を傾けてくださいました。

C754038cc9ef408e9388c881110ca8bc

 これで、また、へんな日本語のレパートリーを増やしてしまいました。

 

|

2019年8月14日 (水)

9/5(木)~アフタヌーンティーの提供を再開します

Img_3961

※写真はイメージです。

(内容は季節により日により変わります)

1人前 2600円(税抜価格)




7月から提供を休ませていただいたアフタヌーンティーを9月から再開させていただく運びとなりました。

猛暑が続く中、イメージしにくいですが、9月ですので秋メニュー【モンブラン】を盛り合せて提供させていただきます。

ご予約はお電話でお願いします。

電話 03-6276-1667

アフタヌーンティーは予約制となっております

当日分をお出しできる時もありますが、確実に召し上がるためにはご予約ください。


 

↓ご予約についてはこちらをお読みいただけますとお話がスムーズに進みますのでお手数ですがよろしくお願いします。

https://www.mayanchi.net/reservation

 




私事で恐縮ですが、

五十肩は回復の兆しが見えてきまして、ここのところ、夜に眠れるようになりました。

少しずつ治っていく実感がありますので、

9月から張り切ってアフタヌーンティーを提供しよう!となりました。

まだ腕の可動範囲は限られておりまして、上も横も後ろも思ようには動きませんが、お菓子を作る前方だけは動きます(笑)

(最も辛かった時期も前方向だけは動いておりましたので、店は休まずに済みました)

ご心配くださっている方々への報告でした。ありがとうございます

|

2019年7月18日 (木)

buanobi ワークショップ 8月10日開催

毎度、お馴染みのbuanobiのワークショップの開催が決まりましたのでご案内させていただきます。


今回の作品はこれまでに開催したワークショップの中で最も小さい(?)

『ビーズ&スパングル刺しゅうブローチ』です。

 

かわいいアクセサリーをチクチクチクチク、もくもくと作りましょう。

がんばって完成させたら、まやんちのスコーンとピーチメルバをご褒美として召し上がってください!💓


20190810buanobiws

開催は8月10日(土)午前の部、午後の部、2部制となります。

お申込開始は7月20日(土)21時~です。

詳細はこちらをクリックして、buanobiのブログをご覧ください。

 

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

今さら聞けない『ピーチメルバ』とは?

前回のピーチメルバについての投稿をお読みいただいた方へ

なんだかお客様の不安をあおってしまったのでしょうか。

「もう予約なんて取れないですよね?」なんて申し訳なさそうにお問合せくださるお客様が多いので、

あ、これは私の書いたブログのせいだ!と猛省し、投稿内容を修正しました。

 

 

ピーチメルバの期間はアフタヌーンティーの提供を休ませていただきますので、お席のご予約は余裕でお取りできます。

ぜひお問合せください。

電話03-6276-1667です。




 


今さら聞けない『ピーチメルバ』とは?

 

ピーチメルバを考案した人は、

フランス料理界では有名な『オーギュスト・エスコフィエ』。

1846-1935

近代フランス料理界の父と言われ、

フランス料理にコースを導入した人としても知られています。
20130712eskofie


ソプラノ歌手『ネリー・メルバ』がワグナーの歌劇「ローエングリン」のロンドン公演で大成功をおさめ、それを讃えてエスコフィエが考案したのがピーチメルバなのです。

ということで、メルバとは歌手のお名前です。

 

当時、エスコフィエはロンドン・サヴォイホテルの料理長でした。歌劇の名場面「白鳥にひかれて小舟で渡ってくる騎士・アリアに捧げる場面」をデザート菓子で表現しました。なんと、氷で白鳥を作って、その翼の上に桃・バニラアイス・フランボワーズを乗せたそうです。そんな歴史のあるデザートが『ピーチメルバ』です。

暑い夏にひんやりとしたデザートをぜひご堪能ください。

 

 

 

 

|

2019年7月 2日 (火)

7/11(木)~『ピーチメルバ』の提供が始まります

Img_0437

’まやんちの夏’といえば『ピーチメルバ』

いよいよ提供が始まります。

提供期間は7/11~8/30の予定です。

(8/15・16は夏休みをいただきます)




 

Img_0439

ピーチメルバ 1100円 (税抜き価格)

桃のコンポートにバニラビーンズたっぷりのアイスクリーム、フランボワーズのソースの酸味が合わさった最強の組み合わせは歴史に残るデザートとして愛されています。

 

桃のコンポート、バニラアイスクリームも自家製です。冷蔵庫の容量の限界まで、仕込み時間の制限まで準備する予定です。期間限定のピーチメルバをぜひご賞味ください。

 

通常、お茶とお菓子をお召上がりのお客様は90分間のご利用とさせていただいておりますが、ピーチメルバの期間は混雑状況によっては60分を経過したらご協力をお願いすることがあるかもしれません。ピーチメルバを求めて多くのお客様がいらっしゃる時期ですので、ご協力をお願いします。





【お席のご予約について】通常と同じです。

●1名・2名様 →開店時のみ予約可能です。

(予約時間 11:30・11:45・12:00)

 以降の時間帯は予約は受けておりませんので、ご来店順にご案内をさせていただきます。

 

●3名~6名様のグループ →終日 予約可能です。予約なしでご来店いただきますとグループ用のテーブルが空くまでお待ちいただくか、もしくは、ご案内出来ない可能性があります。



 

【お席が取れなくてもキープは承ります】

お席が取れなくても、召し上がる物をキープ(お取置き)しておきます。お席にはご来店順でのご案内となりますので、どれぐらいお待たせするかは状況次第となります事をご了承ください。

キープは状況次第でお受けしております。必ずお受けできるとは限りませんので、ご理解いただけますと幸いです。

と申しますのは、桃は提供直前にカットして盛り付けます。カットしてみないと、使える桃か使えない桃かわからないので、在庫している個数が必ず提供できるとは限りません。実際には読めないので、キープをお受けする数に安全ラインを設けております。

ですので、特にご来店(ご到着)が17時を過ぎるお客様のキープはお受けできない事が多いです。 在庫している桃が出せるか出せないかの瀬戸際の状況で、キープを受けてしまったお客様に約束通り提供できないかもしれないという不安を抱えつつ、 店としては桃がある限り完売したいという願いがあります。この状況を適切にコントロールすることができないからです。また、17時代後半のご到着のお客様については、ラストオーダーまでにお席にご案内できない可能性もありますので、キープは原則お受けしておりません。ご理解いただけますと幸いです。

 

ただし、金曜の閉店時間(ラストオーダー)ついては、ピーチメルバが残っていれば、18時を過ぎても売り切れるまでお席にご案内する予定です。その場合は閉店時間も延長します。

お仕事の帰りにご来店いただくお客様にも対応したいと思っております。

 

感覚的な話ですが、昨年の夏は24席ありました。改装したので今年は16席です。今年の桃の仕込み量は昨年の90%程度にする予定です。席は2/3(さんぶんのに)になりましたが、仕込み数は若干少なくなる程度ですので、金曜の夜に「まだある!」という状況を作れるのではないか、と思っております。

 

こんなに事こまかに書くつもりはなかったのですが、このような内容の説明をお電話でのお問合せに何度も何度も話すことになるので、時間の節約をしようと考えて書かせていただきました。メンドクサイ店だと思わないでくださいね。

 

 

 

 

ご予約、キープなどのお問合せは

電話 03-6276-1667 でお願いします。

(メールやSNS経由でのご連絡は予約端末への転記入力ミス多発、返信遅延のため、ご遠慮いただきますようお願いします)

お電話には極力お応えするつもりですが、営業中に手が離せないときは出れませんのでご了承ください。

ティールームの営業は木金ですが、月~水も教室や仕込みで在店しております。教室中や外出中は出れませんが、なるべく応答しておりますので、営業日以外でもお電話をお待ちしております。

 

 

 

 

 

|

2019年6月25日 (火)

フォレノアール 自家製ピスタチオアイスクリーム添え

Forenoire2019

フォレ・ノアール

毎年、チェリーの季節に提供しております。

季節限定のケーキです。

缶詰のチェリーを使えば、いつでも出せますが、

あの缶の臭いが嫌なので、この季節だけ、

自家製のコンポートで作るケーキなのですよ~。

 

20190625cherry

アメチェの種抜き、5㎏なり~~~

一粒一粒種を抜いております。

種抜き名人のスタッフは衣服に返り血を浴びるので、帰り道に職務質問されないか心配になります。


20170525cherry

大きな鍋で煮ます(いい香り)

 

 

仏語で、フォレ:森 ノアール:黒


『黒い森』というケーキです。

飾りに使っているコポー(チョコレートを削ったもの)は、『木くず』という意味で、黒い森を表現しております。



チェリーとの組み合わせでよく出て来るのがピスタチオです!

ピスタチオの上品な青い香りがチェリーの酸味とよく合います。



イタリア、シシリー産のピスタチオを贅沢に使って、濃厚な香りのアイスクリームを作りました。

試作第一弾では’〇エール〇ルメ’さんのレシピを参考に作ってみました。

そのあと配合をまやんちナイズして、ピスタチオもっともっと!!もっと使っちゃえ~~!

どんどんエスカレートして、かなり豆感を出す配合で決着しました。

Foretnoire2019pistache

フォレノアール 

自家製ピスタチオアイスクリーム添え 1100円

ケーキ単品 750円




ティールームは、木曜と金曜(週2日)の営業です。

提供しているメニューはこちらでご覧いただけます。

メニューは随時更新しております。

不定期での更新となっておりますが、

更新がある場合は、火曜か水曜に行っております。




 

 

 

| | コメント (0)

アッサムのティーバッグ 好評販売中です

インド・アッサムのCTCのティーバッグ

10個入り 580円(税別)

20190625assam1  

 

このアッサムは開業以来、13年、一度も切らすことなくティールームで提供しております。

お席に着くとティーリストをご覧にならずに「アッサム」とご注文くださるお客様が沢山いらっしゃいます。

ミルクティーが好きな方でしたら、必ずハマル!ミルクティーの決定版です。

ティールームではリーフでいれておりますが、ご自宅でも簡単に飲んでいただけるよう

ティーバッグを作っていただきました。

そして、このティーバッグ、リピーター続出で好評販売中です。

 

とにかく、沸きたての熱々のお湯を注ぐ事だけ守ってください。

それだけで、とっても美味しい紅茶ができます。

細かいことを言うと、他にも美味しいいれ方のポイントは多々ありますが、

ご自宅で気軽に飲んでいただくには、沸きたてのお湯を使う事、

これだけで相当ご満足いただける茶葉です。

 

朝の忙しい時間に贅沢な味わいを、

ティータイムにも堂々と愉しんでいただけます。

 

さっと出してストレートでも美味しいですが、

濃く出してミルクを入れるのはもっとお勧めです。



リピーター続出の茶葉ですので、100個入りも販売しております。

【お徳用100個入り 4,500円】



(※お菓子教室の会員にはさらにお得な会員価格で販売しております)




20190625assam3

このようなCTC製法の茶葉です。

CRUSH(砕く・押しつぶす) TEAR(引きちぎる) CURL(丸める)

の3つの頭文字をとったものです。

 クラッシュ・テア・カール

専用の機械を使って製茶する茶葉です。

茶葉を押しつぶして、引きちぎるように細かくし、再び丸め固めて

この形になります。

茶殻を指でつぶすと砂のような細かい粒の茶葉が固められていたのだということがわかります。

アッサム紅茶の約90%はこの製法で作られています。

20190625assam2

このようなメッシュのティーバッグです。



ティーバッグですので、ちょっとしたプレゼント、手土産にも喜ばれます。

店内の売り場でお求めください。よろしくお願いします。

|

リビングデザインセンターozone 会員誌に掲載いただきました

建築やインテリアに関心のある方、

家づくりを検討される方などには

お馴染みの、西新宿パークタワーにある

『リビングデザインセンターOzone 』

の会員誌に掲載いただきました。

昨年の秋の改装の話です。


201906ozoneocube_20190625144101

 

ご興味がありましたら、

夫の設計事務所『一級建築士事務所やしろ設計室』のブログに読みやすくリライトしておりますので、お時間がありましたら、お読みください。

↓こちら

妻が営むカフェとそこに併設される設計事務所の日常

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

アフタヌーンティー提供をお休みさせていただきます(7/11~8/30)

東京は梅雨に入りましたね。ブログの更新が滞ておりまして、楽しみに訪問いただいた方々にはガッカリさせてしまって申し訳ございません。

 

久しぶりの投稿だというのに、あまり良い内容ではないのが心苦しいのですが、実は、ここのところ、五十肩がひどく、何か策を練らなくては、どんどん悪化するのではないかと不安になってきました。

 

かれこれ20年以上も使い続けているIPSA(化粧品)の肌診断をしてもらったところ、いつも「年齢のわりにお肌はとても良い状態です」って褒められてイイ気になっていたのに、先週久しぶりに診断してもらったら、目を疑うほどの数値で高額な美容液を購入する運びとなってしまいました。いよいよカラダが老化していく年代に入って来たのかなと実感することが多くなってきました。

 

ここのところで、ピーチメルバの提供についても問合せが増えてきました。また、嬬恋の畑からはルバーブの初収穫の連絡があり、いよいよルバープパイの提供も始まるところです。

 

ピーチメルバとルバーブパイ、この2つの大人気メニューと、看板メニューのアフタヌーンティー。これまではスタッフとともにドエム精神全開ですべての仕込みをこなしてきましたが、さすがに今季は莫大な作業量を覚悟できず、苦渋の決断をさせていただくことに致しました。

 

7月の第2週目から8月までの約2ヶ月間は、アフタヌーンティーの提供をお休みさせていただき、単品の人気メニューに注力させていただくことに致しました。

本当に申し訳ございません。

 

回復状況にもよりますが、アフタヌーンティーは9月から再開できるのを目標にしております。

再開が決まりましたら、ブログ、HPでご案内させていただきます。

ご理解いただけますと幸いです。


 

アフタヌーンティーの

提供をお休みする期間

7月11日(木)~8月30日(金)予定


上記期間は、単品メニューのみとなりますので、店の混雑状況によっては、お席のご利用時間に制限を設けさせていただく場合がございます。ご協力をよろしくお願い致します。


どうぞよろしくお願いします。

|

2019年5月 4日 (土)

ヴィクトリアサンドウィッチケーキ

6696b93bae9c4173b45e3b96e78731cc

ヴィクトリアサンドウィッチケーキ 600円+税




本場の英国ではラズベリーのジャムを挟むケーキですが、
まやんちは苺のジャムで作っております。



冬の間に提供していたフレジエ(苺のケーキ)のために沢山の苺を仕入れて、フレジエに適した形の苺を選抜して使用しておりますと、選考に漏れた苺たちが次々とジャムになっていくのです。




日々、ジャム貯金をしていた結果、惜しげもなくサンドウィッチケーキに挟めるようになります。




水分を極限まで飛ばし、挟んでも垂れてこないくらい超濃厚なジャムにしております。
なんと1台のケーキに3~4パックの苺が使われていますから、濃いです~



生地はバター・砂糖・卵・小麦粉を同配合で至ってシンプル。



これがもう、紅茶との相性が抜群で、紅茶好きのお客様にはドストライクなんです。



ケーキ→紅茶→ケーキ→紅茶→・・・
このスパイラルは止まることを知りません。
どんだけでも~~~(笑)


どんな紅茶とも合いますので、ペアリングに悩むこともありません。



ジャム貯金が底を尽きたら提供が終了します。
(たぶん5月中は提供できると思います)

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

お菓子教室の卒業生が100名を超えました

 ブログをご無沙汰しており、「ブログを更新していないけど、元気ですか?」と心配されていたようです。

すみません。元気です。

(ココログのメンテナンス以降、不具合が多く、怖くて触れませんでした)

 

さて、今日はお菓子教室の話題を。

まやんちのお菓子教室は会員制で開催しておりまして、

ご入会いただきますと、3年間(36回分)のレッスンを受講していただいております。

 

3年間通っていただきますと、生徒さんにとっては人生の最終学歴となるべく

『卒業証書』をお渡ししております。

 

これが、また、素晴らしく立派な学位のような風格のカバーに入れておりまして、

絵になる感動の涙の卒業証書の授与式となります。

 

一つの事を同じ気持ちで3年間続けることは、そう簡単なことではありません。

どの生徒さんにとっても、在籍の3年間には人生の様々なドラマがあり、

出産だったり、転職だったり、病気療養だったり、ご家族になにかあったり、

何かしらあるものですが、

それでも続けて通ってくださっているのですから、

生徒さんにとっても、私にとっても証書をお渡しするときは、感動!感激!

滝のように流れ出そうな涙をこらえて写真撮影をさせていただいています。

 

 

お店を始めた頃は月に数クラスの開催でしたが、

2013年からティールームと教室を半々くらいのバランスで開催するようになり、

おかげさまで、続々と卒業を迎えられ、

 

なんと、卒業生が100名を超えました!!


(厳密に言いますと、2周3周4周と通ってくださっている生徒さんの卒業も加算しますと、もっともっとですが)

50f9ff63474146298b2453196d508b27_1

写真は記念すべき100名越えの卒業生と一緒に撮影したものです。

これからも、美味しいお菓子をご家族やお友達に作ってあげてくださ~い!

 

|

2019年2月11日 (月)

※重要※ 2019年4月から営業日を変更させていただきます

4月からティールームの営業曜日を変更させていただきます。


<現在> 金曜と土曜

 

   ↓

 

<4月~>   木曜と金曜


これまで土曜にご来店くださっていた方々には何とお詫びしていいのか、合わせる顔がありません。本当に申し訳ございません。

 

 

いづれは、金曜の夜も営業するなど営業時間を延長したり、月に1回か2回、土日に営業する日を設けるなど、検討しております。

 

 

お客様皆さまに支えられて、まやんち13年目に入りました。これからも、永くお店を続けて行くにはどうしたら良いのかを検討した結果、このような変更を決意したしだいです。

 

 

ご理解をいただけますと幸いです。


今後ともどうぞよろしくお願いします。







<2019年4月勤務スタート>

 

 

 

 

|

2019年1月 6日 (日)

焼きリンゴ〈自家製リーフパイとバニラアイス付き〉

新メニューのご案内です。

2019年のスタートは

🍎🍎🍎🍎🍎🍎🍎

『焼き林檎』
自家製リーフパイ、バニラアイスクリーム付き

🍎🍎🍎🍎🍎🍎🍎

Bakedapple




様々な林檎が売り場に並んでおりますが、ひと際 酸味のはっきりした品種といえば、紅玉(こうぎょく)ですね。そのまま食べるよりも、甘く調理するのに向いている品種です。


その紅玉をまるまる1個、真ん中をくり抜いて、詰め物をして、オーブンでジワジワと焼きます。林檎から煮汁が飛び出して、水分の膨張に耐えきれない皮が破裂して、林檎の香りが立ち上ってきたら出来上がりです。


生の林檎丸1個を一度に食べるのは大変ですが、焼いてしまうと縮まるので、あっという間に完食できますよ!


提供の直前に、温めた林檎を桃太郎カットして、お約束のバニラアイスクリーム、サクサクのリーフパイ、アーモンド粉を混ぜた香ばしいクランブル、苦味を効かせたキャラメルソースをかけて、お席にお持ちします。

林檎をくり抜いた穴にはシナモンとレーズンも入れて焼き上げております。この2つの食材は、嫌われ者になることがあるようですが、全体の味のバランスを考慮したうえで、林檎の美味しさを最大限に引き出す食材として使っております。「抜いて欲しい」というご要望にはお応えし兼ねますので、ご了承いただけますようお願いします。


林檎に合うものをてんこ盛りにした贅沢な一皿です。

温と冷、両方を同時に召し上がるれるのは、イートインのメニューだからこそ!

熱々の紅茶と共に、至福のティータイムをお過ごしください。

|

2019年1月 4日 (金)

2019年 あけましておめでとうございます




新年は11日(金)から営業いたします。

今年も、美味しいお茶とお菓子をご用意して、皆さまに安らぎと高揚を感じていただける時間をお届けしたいと思っております。

どうぞよろしくお願いします。








↑このように

『お茶とお菓子まやんち』

『一級建築士事務所 やしろ設計室』

が同居いたしました。



まやんちのような雰囲気のお家を作りたい方、

自然素材の空間で心を安らかに豊かに暮らしたい方、

30年後も満足のいく家を建てたいと思っている方、

お気軽にご相談ください。

まやんちの状況にもよりますので、必ずというわけではありませんが、やしろ設計室で打ち合わせしているときに、まやんちのお茶とお菓子が出てくることもあります。

====================================================================

↓以下は、八代設計室のブログより引用です

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

三が日とも、穏やかなとても天気の良い日となりました。
今年は、穏やかで心地の良い一年にしたいと思います。

さて、昨年11月に事務所移転の事務連絡のみブログにて報告させて頂きましたが、
少々ご説明をさせて頂きます。

昨年の夏頃になって、
妻が営む「お茶とお菓子 まやんち」を改装しようと急に思い立ち、
改装案を練っていたところ、同居することになりました。

去年の前半は全くそんなつもりはなかったので、
1月に携帯電話を買い替えた時、ソフトバンクショップで勧められるままに
光コラボの契約をし、元が取れないうちに解約になり、さらに違約金まで掛りました。
3月には、前の事務所(クロスロード101号室)の賃貸借契約を更新しました。
が、思い立ってしまったので、やることにしました。

改装のテーマは2つ

①「まやんち」の中に「やしろ設計室」を入れようというのだから絶対的に面積が足りません。いかに必要なスペースを確保し狭く感じさせないか。

②「まやんち」の空間を気に入ってくださっているお客様もたくさんいらっしゃいます。
前とは全く違った間取りになるのですが、いかに今までと変わらぬ「まやんち」に出来るか。

です。

「まやんち」の常連さん達からも、

「狭くなったけど狭くない!」

「全部変わったけど、変わっていない!」

という感想を頂けました。

JR蒲田駅東口より徒歩3分程度です。
前よりも便利な所になりましたので、お越しください(アポあり希望)。

事務所を移転に伴い、住所、電話番号が変わったのはお知らせした通りですが、
この機会にと思い立ち、ホームページアドレスとメールアドレスも変えました。

新 住所 : 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-43-7 ロイヤルハイツ蒲田207
新 tel&fax : 03-6715-7881
新 HP : yashiro-sekkei.com
新 mail : yashiro@yashiro-sekkei.com

更新してくださいますよう、よろしくお願いします。

|

2018年12月27日 (木)

年末年始の営業について

今年のクリスマスケーキは

21日と22日は店内飲食の提供をし、

23日と24日は予約販売を行い、

無事にクリスマスを終えることができました。



クリスマスケーキの仕事を終えてから、

シュトーレンを食べながら、

へろへろだというのに、

プチ英会話研修をノリノリでやって、

<まやんち国際化に向けて> (笑)


そのあと、ブリしゃぶ忘年会へ。

ナチュラルハイな雰囲気で1年を振り返りました。

クリスマスを終えたあとに、

一日、充電日を設けて、

『飲んで覚える紅茶入門』を開催し、

年内のすべての営業を終えました。






最後に、年末恒例のテーブル磨をやって、

2018年を締めくくりました。

今年は、ど根性スタッフの転居退職、そのあとベテランスタッフの出産休暇にまつわる対策で、

短期の臨時雇用を入れ代わり立ち代わり迎え入れ、

秋には改装工事の休業をして、

目まぐるしい変化についていくのが精一杯でした。

そのような不安定な状況にもかかわらず、

お客様には変わらぬご愛顧を賜りまして、

感謝の気持ちで一杯です。

ありがとうございました。

この拙ブログを読んでくださった皆様、ありがとうございました。



新年は1月11日(金)から営業をスタートいたします。




どうぞ良いお年をお迎えください。

|

2018年12月25日 (火)

『としこレディースクリニック』まやんちの焼き菓子プレゼント

蒲田で女医さんが診てくれる婦人科と言えば、、、

『としこレディースクリニック』ですね。


まやんちから徒歩30秒(信号が青の場合)のところにあります。


まやんちのお客様の中には「今、としこ終わったー」、「これから、としこ行ってくるー」という感じで、通院と来店、2つをセットにしてる方が(私が把握しているだけでも)何人かいらっしゃいます。


呼び捨て?(笑)
屋号に先生のお名前がついてるから、省略も呼び捨ても仕方ありませんね。(笑)



教室の生徒さん達も、通院している人が多く、「としこにポリープ取ってもらったー」とか、よく話題になります。


さて、そんな『としこレディースクリニック』のとしこ先生は、毎年、クリスマスに受診する患者さんにまやんちの焼き菓子をプレゼントをしてくれます。

「クリスマスに来てくださるんだから、何かプレゼントさせていただきたい」って。
病院で焼き菓子をプレゼントしてくれるなんて、とても素敵な先生です。粋な計らいです。



年内の通院を検討している方は、ぜひ
12月25日に!
まやんちの焼き菓子が貰えます!




人気のクリニックなので、待ち時間がかかる事もあるかと思いますが、待合室はとてもキレイで過ごしやすい雰囲気なので、読書タイムにするも良し、スマホゲームをやるも良し、何か持っていかれるといいと思います。

プレゼントは、25日です!

| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

12/21(金)・22(土) 2日間限定 クリスマスケーキ店内ご飲食 残席わずか

Img_5467

12/21(金)・22(土) 2日間限定 

『キャラメルのブッシュドノエル』

(クリスマスケーキ)

ティールームで召し上がれるよう

カットして提供させていただきます。



この2日間は、お菓子はクリスマスケーキのみの提供となります。

他のメニューはございません。

また、お席のご利用は1時間とさせていただき、

ご協力をお願いしております。





《ご予約優先》

この2日間は、通常とは異なり、営業時間中、ご希望のお時間でお席のご予約をお取しております。

既に多くのご予約をいただいており、残席が少なくなってきておりますので、ご検討中の方はお早目にお電話をいただけますようお願いします。



※只今、3名様~6名様までのグループでご来店いただけるお客様をご案内するテーブルのみ空席がございます。
(12/19現在)

ご予約をいただいたお客様にはお待たせせずにお席にご案内をさせていただきます。

ご予約が無いお客様はご案内できない可能性が高いですので、ご了承いただけますようお願いします。





ご予約はお電話で

℡:03-6276-1667 






<今週の電話の応答状況>

12/18 お菓子教室DAYのため、電話応答不可な時間帯が多いです。

12/19 ちょこちょこ外出ありますが、ほぼ終日在店予定です。

12/20 仕込みDAYのため、今週で最も電話に応答できる日です。

12/21・22 ティールーム営業DAY。手が離せないときは応答できない場合があります。








 



⬆︎
このようにカットしたケーキに
メリークリスマスのチョコプレートと
クリスマス用のゴールドのピックを飾って提供させていただきます。


紅茶とセットで
1200円+税です




通常、紅茶はティーリストからお選びいただき、

ポットサービスとなっておりますが、

この2日間は、店員がティーポットを持ってお席に伺い、お客様のカップに注ぎ入れてお飲みいただくようになります。

1時間のご滞在をお願いしている分、なるべく早くお茶が提供できますよう、お茶いれながらお客様をお迎えする予定です。ご注文いただいたらすぐに熱々のお茶を飲んでいただけるようにしようと思っております。




お茶は2種類からお好きな方をチョイスしていただきます。

【ストレート】でお飲みになるお客様には

ダージリン・シーヨック茶園の夏摘み

 

【ミルク】を入れてお飲みになるお客様には

アッサムCTC

をお勧めします。

______________________________

さて、この2種類のお茶を選んだのは・・・・。

実験による結果です。

土曜の閉店後、ペアリングの実験を行いました。

クリスマスケーキにはどんなお茶を合わせようか?

というテーマで、気になっているお茶を一通りいれて、合わせて実験しました。

とにかく、食べて飲みます。

ケーキを食べる→お茶を飲む→目をつぶって感じる

これを何度も繰り返し、スタッフそれぞれが自分の答えを出します。

最終的には好みで決まるのは否めませんが、大切なのは調和です。

お茶が勝ってもお菓子が勝ってもいけません。

どちらかが強く残ってしまうのは不調和です。

お茶とお菓子両方の特徴をより強く感じる組み合わせは?

お茶もお菓子も嗜好品ですから、飲み込んだ後に余韻が長く残るが重要です。

どの組み合わせが余韻が長かった?

飲んで食べて探ります。

 

ウーとかキャーとか叫んでみたり、目をつぶったままになってしまったり、

ほぼ変態の集団ですね。


閉店後でヘロヘロなのに、楽しくなってしまいます。

そういった厳正な実験の末に選ばれた2種類が今回提供させていただく紅茶ということになりました。


ダージリン・シーヨック茶園の夏摘みは去年のものです。実は、入荷直後に印象が変わってしまい、とげとげしいお茶になってしまったので、店で出すのをいったん中止しておりました。1年寝かしたところ、心地良い渋味と華やかな香りが絶妙なバランスになっていました。キャラメルクリームのほろ苦さとお茶の渋味が消しあうことなく、両者ともしっかり主張し合い、喉の奥まで味覚を感じる充実感があります。ダージリンならではの華やかさも残ります。

アッサムCTCは、ミルクティーの決定版です。まやんち開業以来12年間、ずっと切れることなく提供しているブレンドです。このアッサム、生クリームに合わせるには間違いないです。ボディがしっかりとしているので、普段はストレートで飲むことはお勧めしておりませんが、今回の実験でミルクを入れ忘れてストレートで合わせてみたら、なんと!ケーキが口に入っているときにストレートで飲むと、ものすごい調和が起きることが発覚しました。これはスゴイね~という発見でした。もちろんミルクを入れてケーキと合わせてみたら、狙い通りの美味しさです。ケーキがあるうちはミルクを入れずに、ケーキがなくなってしまったらミルクを入れて、という楽しみ方もできます。



ここまで説明されちゃうと、2種類飲みたくなっちゃいますよね。

(テレビショッピングじゃありませんけど)

もちろん、

もう一杯!! もう1種類!!

という熱いご要望、大歓迎です。

同じお茶でも、もう1種類でも、おかわり、大歓迎です。

《茶のおかわり+200円》

 

いかがでしょうか?

|

2018年11月27日 (火)

クリスマスケーキ予約販売分【完売御礼】 ※21日・22日は店内でどうぞ!

2010caramel

クリスマスケーキの予約販売分は受付を終了いたしました。

たくさんのご注文に身の引き締まる思いです。

今年も1台1台、心を込めてお作りします。

惜しくもご予約が間に合わなかったお客様は、また来年も作りますので、よろしくお願いします。





予約販売分は受付を終了いたしましたが、



21日(金)・22日(土)の2日間は

店内で美味しい紅茶とともに

クリスマスケーキを

召し上がっていただけます。

ぜひ、作りたてをその場でカットして提供されるフレッシュなケーキをご賞味いただきたいと思います。

この2日間は、営業時間中、ご希望の時間帯でお席のご予約をお受けいたします。

お席のご利用は1時間を目安にしていただくことになりますが、お待ちいただかずに、ご予約の時間にお席にご案内できます。


お電話をお待ちしております。

電話:03-62176-1667

(この2日間はクリスマスケーキ以外のお菓子のメニューはございません)




ティールームの営業は金土ですが、月~木も教室や仕込み等で在店しています。

教室中や営業中で手が離せないときは出れなくて申し訳ございません。

出れるときは極力応答させていただきますので、お電話をお願いします。

お待ちしております。



|

«buanobi 10周年記念イベントのご案内